嶋川センセの知っ得社会科ー女性のためのお仕事相談室ー

女性が働き続ける上での様々な情報を提供し、また仕事上の様々な問題を共に考えます。

2009年04月

この定額給付金の使い方について、私は長い期間考え続けました。結論として「寄付する」と決めたのですが、私の友人の中にも同じように悩んでいる人がいました。私は寄付すると決めましたが、

・寄付先をどこにするか。

・友人のような悩める人にどういう方法で情報を伝えるか。

の2点が課題となりました。

給付金は、女性と子どもと外国人に寄付したいと考えています。

定額給付金を支給する窓口で寄付先を紹介して欲しいというような新聞への投稿もありますが、これだけ反対意見の多かった定額給付金は、お役所のお墨付きのある寄付先でないところに出したいと考えました。寄付先が本当に信頼できるかどうかは、寄付先を推薦した人を信頼するかどうかに係ってきます。このように次々とブログやHPや口コミでキャンペーンが広がって、個人が主役になるような定額給付金への意志の表し方ができればと思います。これらのことを友人に相談しましたら、均等待遇アクション21京都で取り組んでくれることになりました。これを読んでくださっている方は、是非この文章を他の人に回してください。

という訳で、転載転送大歓迎です。均等待遇アクション21京都は、ホントに施策が必要なところに手当てが行くように望んでいます。推薦者の一人、南さんは私が信頼する友人です。

 

定額給付金の支給に違和感を持っている皆さんへ

支援を必要としている人たちにカンパしませんか?

 

 〒宇治市広野町西裏99−14パール第一ビル3F

均等待遇アクション21京都(0774-43-8734

 

愚民政策の狡螻杁詆婉皚

 

 もろもろの世論調査で大変不評だったにもかかわらず、定額給付金の支給を定める法律が成立してしまいました。これで2兆円もの公費が、生活を支える継続性もなければ、ひどい暮らしを改善するわけでもない、「票買い」としか思えないような無駄遣いをされることになりました。愚民政策ここに極まれり、「馬鹿にするな」といいたい。これって、どう使いますか。 

さて、とまれ住民票を持ち、現にそこに住んでいるものは時期に差はあれ12,00020,000円のお金を受け取ることになるわけですが、皆さんはそのお金をどう使いますか?

 まず、普通に生活費の足しにする。これは当然の使い道ですね。税金はもともと自分のお金なのだから、自分のために使うというのは誰はばかることでもないでしょう。

 つぎに、蓄えておくこともできます。政府は景気対策だから使えと口やかましいですが、それこそ余計なお世話というもの。何年かたったら消費税を増税するとか、ぬかしているわけですから、そのときの足しにすると考えることもできます。

 以上のような使い方を私達は一切否定するつもりはありません。12,000円といえば、消費税でいうと、24万円分の買い物で払えてしまう程度の額です。多くの人は、これよりも多い消費税を毎年払っているのではないでしょうか。たとえそこまで消費をできない人でも、人生でこれまでに12,000円の税金を払ったことがない人なんてほとんどいないと思います。

自分のものを取り返しただけなのだから、今回の法律を定めた連中に遠慮も感謝もするいわれはありません。 

 

他の政策に使えよ…と思っている人に 

 

 しかし、それでも定額給付金を受け取ることに後ろめたさを感じる人もいるかもしれません。何せ2兆円です。こんなことではなくて、貧困者の住宅、雇用対策や、医療、福祉、教育etc.もっと有意義な使い方があったのではないだろうか…。それに、ホームレス状態の人や何らかの理由で住民票がある住所に住めない人(家庭内暴力の被害者など)などはもらえません。一応対策が打ち出されているものの、ホームレス状態の人が住民票を確保したらもらえるなどという対策は、一方で公園などの現住所で住民票を交付せず、運動団体の事務所においていた住民票を抹消するといった排除を続けている中で、まったく現実的ではありません。短期間で住民票を取り戻せるならば、そもそもホームレス状態になっていないという話です。

 

行政に返すぐらいならカンパしよう

後ろめたいならどうするか?例えばある大学教員は「行政に返す」といっていました。

でもちょっと待ってください。それってこんなくだらない事をした連中に、また、使い道を決めさせるってことですか!?どうせろくなことに使わないだろうと思います。だったら、いっそ行政がきちんと保障していない問題に取り組む、人権団体や運動体にカンパしてみるというのはどうでしょうか。

あなたの周りに も、または日々のニュースで、野宿者の、DV被害者の、外国人の、失業者の、貧困者の、様々な生きづらい人たちを支援している人々を見ることができると思います。均等待遇アクション21京都では「定額給付金、行政に突っ返すぐらいならカンパしよう」と呼びかけます。

 

私たちの試案

 以下に均等待遇アクション21京都が推奨するカンパ先をあげます。選定のポイントは

〇笋燭舛直接活動内容を保証できる

∈2鵑猟螻杁詆婉發燃笋鮨う対象を支援している

財務基盤が弱い                        

などです。もちろん、ここにあげた団体以外へのカンパを制限するものではありませんので、参考程度に見ていただければ幸いです。

 

1.失業と野宿を考える実行委員会

郵便振替口座 00940−5−79726

口座名 釜ヶ崎医療連絡会議

(通信欄に「失業と野宿を考える実行委員会へ」と明記。具体的に「炊き出しとかパトロールとかテント建設とか、現場の労働者に近いことで使ってください」とか、希望を書いてもらってもいいです。)

メール  iryouren@air.ocn.ne.jp (釜ヶ崎医療連絡会議)

住所:5570002 大阪市西成区太子2−1−2 釜ヶ崎医療連絡会議気付

TEL 06−6647−8278(釜ヶ崎医療連絡会議)

*失業と野宿を考える実行委員会は、(釜ヶ崎医療連絡会議、釜ヶ崎炊き出しの会、釜ヶ崎パトロールの会、長居公園仲間の会、高齢者特別就労組合準備会、大阪城公園よろず相談所、西成公園よろず相談所)で構成される団体です。

推薦者 南 守

 

2.コレジオ・サンタナ(滋賀県にあるブラジル人学校)

滋賀銀行甲西出張所 普通預金 170071 名義:ナカタケンコ

メール:rosakmnsantana@hotmail.com

住所:5291303 愛荘町長野209416 

TEL0749−42−6596

*コレジオ・サンタナ校については下記にアクセスしてください。学校紹介が載っています。

http://korea-ngo.org/kyousei/5080207.htm  

滋賀県にがブラジル人学校が4校あります。ここをよく知る私の友人が紹介してくれました。私もこの友人を信頼しています。

嶋川まき子               

 

3.NPO法人生野学園(DV被害女性のシェルター)

住所:543-0062  大阪四天王寺郵便局留

電話・FAX:06−6718−5205(平日10時〜18)

郵便振替口座 00990−3−68635 いくの学園を支える会

 

ここはDV被害のシェルターなので住所は公表していません。私はずっと支援しています。

嶋川まき子

新年度が始まりました。新入生にとってはオリエンテーションが終って、いよいよ本格的な新年度のスタートの時期です。

(ちょっと時期がずれてしまいました。ブログ更新をさぼっているのがバレバレです。)

 

毎年繰り返される卒業式・入学式を晴れやかに過ごせない定年までの何年間がありました。生徒にも教師にも自分の考えを発露し難い教育現場の実態があり、今も続いています。世界の子どものなかで、日本の子どもたちが最も将来に対してネガティブな考えを持っていると言われますが、政界を見ていると、当然という気がしてきます。

 

定額給付金の支給が始まりました。支給という単語が相応しいのか、それとも還元なのかと、いろんな考えが交錯するところですが、政府は早速消費税値上げを言い出しています。消費税が最初に導入されたとき、「福祉に使う」と言われていましたが、日本の社会保障は先進国の中でもランクは低いままです。次のブログに、定額給付金に対する提案をします。すぐに更新しますので、次回分も併せて読んでください。

 

今回は、セイフティネットのある社会、それもネットに横たわるのではなく、ネットの力で弾き返すことのできる社会をイギリスの例で見ていきます。この弾き返す政策をイギリスでは「トランポリン型福祉」と呼んでいます。

 

日本では、生活保護を受給している率は非常に低く、『ベーシック・インカム入門』山森亮著 光文社新書によれば、「100世帯中、10世帯が生活保護基準以下の生活をしいているが、実際に保護を受けることができているのはたったの2世帯」だそうです。生活保護を受給できるはずの世帯のうち、実際に受給している世帯の割合を捕捉率といいます。この捕捉率、イギリスは90%以上、アメリカ70%以上、ドイツ40%以上で、日本は20%前後と言われていますし、経済学者の研究(橘木俊詔氏)によれば1995年で19.7%だったのが、2001年で16.3%になって、捕捉率は下がっているのだそうです。

 

ネットで「生活保護」を調べてみると、Q&Aに「市町村の窓口で、『仕事を探してください』と言われて追い返されても、必ず申請書類を貰って帰りましょう」とあります。書類すら貰えなかった状況が、餓死した人の記事には載っています。

日弁連の調査によると、生活保護の申請書類は、イギリスでは郵便局の窓口に置いてあるし、各国とも公共機関にパンフレットや申請書類が置いてあるとのことです。

 

トランポリン型福祉に関連しますので、次の記事を見てください。

日本では、職業安定所の職員を減らす案が出ています。その案とは既に実行されていますが、以下その内容です。

 

厚労省は国の合理化計画に沿い、労働関連で07年から3年間で約900人の人員を削減。このうち労働局は625人、ハローワークは457人減った。09年度はハローワークで297人が減らされ、全国で1万1700人になった。東京都内のあるハローワーク職員は「300人近い定員を削り、この事態に対応しろというのはむちゃ」と嘆く。厚労省人事課は「政府方針なので削減を止められない。代わりに臨時相談員を1300人増やした」と説明。しかし、現場の職員からは「書類作成などはできても、実際の相談への対応は厳しく、窓口が全部埋まらない」と話す。
窓口は昼休みなしで対応し、昼食を取る時間もないのが現状だという。

 

ではイギリスのトランポリン型福祉に入ります。
 

第一段階

イギリスでは、半年間失業している全ての18歳〜24歳に対してマンツーマンでアドバイザーが付きます。そして、そのアドバイザーの下で、就職活動計画の作成、なぜ失業したのかのどの相談を集中的に行い、求職活動を支援してくれます。またその間、週に約47ポンド(今日現在で1ポンド約149)支給されます。もちろんこれだけでは暮らしていけない人もいるでしょう。生活困窮者には生活保護費が出る。そうイギリスの捕捉率は90%以上です。この第一段階は最長4ヶ月間です。

 

第二段階

・第一段階の期間に就職できなかった若者は、さらに半年間の職業訓練の機会が与えられる。この間下記の4つの中から一つを選択する。

☆民間企業で働きつつ訓練を受ける。(政府が企業に週給の助成金と教育訓練費を支給)

☆ボランティア団体で働きつつ訓練を受ける。(参加者に賃金が与えられていれば、政府が事業主に助成金を支給)

☆フルタイムの教育・技能訓練を受け、国家認定職業資格を取得。(訓練生は休職手当と同額の手当てを受給。訓練費用は国が負担)

☆荒廃した家屋の修繕やリサイクル活動を行う環境保護団体で活動をしつつ訓練を受ける。

 

第3段階

・さらに6ヶ月、求職活動を支援。

これでも就職できないならば第二段階に戻る。

 

日本政府も遅まきながら、次のような≪緊急人材育成・就職支援基金(仮称)≫を創設することを決めたという記事が載りました。

 

与党新雇用対策プロジェクトチーム(PT、座長・川崎二郎元厚生労働相)は十九日、総額1兆6000億円の追加の緊急雇用対策をとりまとめ、首相に申し入れた。失業者に職業訓練中の生活費を支給する「緊急人材育成・就職支援基金」(仮称)を創設するほか、雇用調整助成金の拡充、職を失った日系ブラジル人の帰国費用支援などが柱となる。北海道新聞 2009320

 

職業訓練中に月1012万円を支給する「緊急人材育成・就職支援基金」は、雇用保険に未加入の派遣労働者や元自営業者、雇用保険の受け取りが終わった人など、雇用保険制度から漏れた人を対象とした。民主党など野党は同じ趣旨の法案を議員立法で衆院に提出済みだ。与党も対策をまとめたことで、不況下でしわ寄せを受けてきた非正規労働者らへのサポート態勢が整いつつある。東京新聞 2009320

 

イギリスに戻りますが、このトランポリン型福祉によってイギリスにどのような変化が起きたのでしょうか?

ます、低所得者の所得が増えました。言い換えれば高所得の人たち割合が減ったのです。また、失業手当の受給者数は、97166万人から、072月の92万人と約4割程度減少し、長期の失業手当受給者は97年から73%減少した。

 

こうして見てくると、失業者が労働市場に戻ることにより、税金に担い手になり、結果的に税金は有効に使われたことになります。損して元取る政策です。

 

いよいよ定額給付金がスタートしました。私の家にも3日ほど前に定額給付金の通知が届きました。通帳と身分を証明できる運転免許証などの写しを送付しなければなりません。市民からの封筒を開け、書類が揃っているか、記入漏れがないかをチェックする。考えただけでも膨大な事務量です。もっと有効なおカネの使い方があるだろうに、将来にツケを回す無策な政策です。

 

定額給付金について、友人たちと相談しました。そして、私が参加しているグループの名前で、「定額給付金を寄付しませんか」の呼びかけ文を作りました。次のブログに載せますので、読んでください。(すぐに更新します。)

では今日はここまで。

このページのトップヘ