昨日電気や自動車などの大手製造業の春闘の一斉回答が出ました。ボーナスは要求を下回る回答が多かったようですが、定期昇給は昨年とは異なり実施との回答です。


世の中マネーが回らなければ、消費は伸びません。
夕方散歩へ行った帰りにちょっと買い物をしました。冷蔵庫の物を工夫すれば買う必要はないものでしたが、時給で働いている人の少しは役に立ったかもしれません。
誰か一人が10万円使うのではなく、100人が1000円使う世の中が求められていると思います。


この春闘の一斉回答に非正規労働者は含まれていません。
同一価値労働同一賃金とまではいいませんから、同一労働同一賃金でワークシェアリングのある社会にしなければいけませんね。


こんな記事を見ました。

トヨタの一般職採用ゼロー11年春入社、発足以来初(2010.03.10朝日新聞)

《事務を補助する業務職(一般職)の採用を見送った。〜中略〜業務職は、短大や専門学校を中心に多いときは300人以上、09年度も143人採用していた。》


事務補助とあるから多分女性の多い職でしょう。
兼松裁判で一般職(主に女性)と総合職(主に男性)の賃金格差に警鐘が鳴らされました。トヨタってまだこんな採用をしているのですね。裁判で負けた兼松は既にコース別採用を止めています。
(感心!カンシン!と早とちりするなかれ!もっと巧妙な、賃金差別が一見分からないような姑息な採用方法です。)

それにしても人員が補充されないとなれば、その仕事は誰がするのでしょうか?仕事量が大幅に減ったというのはあまり(というか、全然)聞かない話ですから、派遣とか契約社員で補充するのでしょうか。

前々回に兼松と三井物産の正社員の男女賃金差を紹介しましたが、トヨタの賃金体系はどうなっているのでしょうか。ネットで検索しましたが、分かりませんでした。


それにしてもトヨタの女性労働者の姿って見えてきませんね。事務系の補助なる業務職と、いわゆる総合職との差はどれくらいでしょうか。コース別を女性たちはどう思っているのでしょうか?でも裁判は起きていないようですね。
今、卒業生の仕事について、聞き取りをしています。トヨタで働く女性の実態も知りたいです。

 

では今回は「訪問看護」をしている卒業生の紹介です。

高校を卒業して3年間看護師専門学校へ、高校卒業後18年です。

☆現在の訪問看護をする前は、総合病院で正規の看護師として働いていました。

その内訳は全て病棟勤務です。よって三交代勤務をこなしてきました。

外科病棟6年。新生児集中治療室 NICU2年。内科2年。療養病棟2年。

この間、産休・育休を2年間取得。


勤務時間は日勤
8:3017:10、準夜勤16:000:50、深夜勤0:508:30

辞める時の年総支給額(夜勤手当・ボーナス等を含む)は約670万円。


この年収に見切りを付けてなぜ彼女は現在の訪問看護師を選んだのでしょうか?

「辞めたい」と盛んに言ってたとき、先輩の看護師や私にも相談がありました。先輩の看護師は「育児は一時のこと。今を乗り切ったら続けられる」。でも彼女は辞めてしまいました。

「あなたは辞められるからいいわね。独身女性は扶養してくれる人はいないから」と当時45歳の看護師に言われたそうです。
(当時彼女の方が年収は高く、というか夫の勤務する会社も経営が芳しくなくなかなかの低賃金でした。その代わり定時に帰社し彼女が準夜勤や深夜勤のときは夫が育児を担っていました。)

  

 

字数が多くなりましたので、ここからは「続きを読む」に入れます。
次回は総合職に挫折した女性を紹介する予定です。

では今日はここまで。

現在の月収は約8万円。時給1500円。週3日、一日の勤務時間は9時〜16時。社会保険なし。

ヘルパーと共に在宅患者を訪問します。どんな役割なのかは日本訪問看護振興財団のHPで検索しました


訪問看護の主な仕事内容は、薬の管理、浣腸、清拭、ヘルパーでは出来ない医療が必要な人の入浴介助、胃瘻(いろう)、点滴、散歩、注射


総合病院で看護師をしていたときと、大きく意識が変わったことは「立場が逆になった」ことです。
病院では「看護師さ〜ん」と頼られ、「○○してはいけませんよ」「はい」と、看護師と患者は縦関係にあった(勿論看護師が上)


しかし訪問看護では、看護師はサービス提供者。こうしたらいいのにと思っていても、たった1時間の訪問で出来ることは限られている。
24時間介護している家族を思うと言えなくなる。

また利用者からお金を貰っているから、「あの看護師はダメ」と言われることもある。利用者の立場の方が強い。訪問看護師は年配者の方が利用者からもその家族からも依頼を得られやすいと思う。

総合病院を辞めたいとひたすら考えていたときは、「子どもが小さかったから子育てに専念したかった」というのを理由にしていたが、今となって思えば口実であった。最後に勤務していた療養病棟の仕事に耐えられなくなったのが最大の理由であった。

患者が快くならない。退院しても戻ってくる。療養病棟は医師、看護師、介護職員で構成されているが、介護職員と看護師の仕事の区別が難しく、職員間の意思疎通がうまく出来ず、愚痴ばかり言っていた。仕事内容も毎日同じことの繰り返しであり、それまでの病棟と異なり、遣り甲斐が感じられなかった。


「辞めたい」と思っていたとき、例えば子育てと比較的両立しやすい外来勤務を希望するとかの選択肢もあったのではないかと今は思っている。しかし訪問看護を選んだ。それは療養病棟で出会った患者が在宅でどのように生活しているのか、療養病棟で毎日感じていたことを家族は
24時間どのような思い出で受け止めているのかに関心があったから。


今は夫の扶養家族になっているから、「結婚している人はいいわね」と言われた人に返すこと言葉がない。当面の目標はケアマネージャーの資格を取ること。


以上を彼女は語ってくれました。労働の割りに賃金は高くありませんが、「看護師の資格は強い」というのもまた事実です。


《訪問看護とは、看護師などが居宅を訪問して、主治医の指示や連携により行う看護(療養上の世話又は必要な診療の助)です。病気や障がいがあっても、医療機器を使用しながらでも、住まいで最期まで暮らせるように多職種と協同しながら療養生活を支援します。》

 

(筋肉)、褥瘡(じょくそう)の手当て、おむつ交換、リハビリ等です(訪問看護で検索すると出て来ます)
(要支援、要介護の認定を受けていれば対象となります。)
療養病床の説明:症状安定しているが長期療養必要とされる、主に高齢者など慢性疾患の患者のために、病院内に設けられた長期入院用のベッド医療保険適用される医療病床医療療養病床)と、介護保険が適用される介護型病床(介護療養病床)とがある。(知恵蔵より)