嶋川センセの知っ得社会科ー女性のためのお仕事相談室ー

女性が働き続ける上での様々な情報を提供し、また仕事上の様々な問題を共に考えます。

カテゴリ: 世相

「聴衆者の皆さんが、沖縄のことを心配してくださるのはありがたいけど、沖縄のことは沖縄でやりますから、あなた方は地元でやるべきことをやってください。声を出さない、出しても小さいから滋賀の頭上にオスプレイは飛び、北丹後に米軍のレーダー基地が来るのです」。これは、沖縄国際大学教授の前泊さんが講演で話された言葉です。耳が痛かったです。前泊さんのご両親は宮古の方だそうで、前泊さんはずっと沖縄に関係して生きて来られた方です。元々ジャーナリストなので、お話も分かり易かったし、著作も難しくはありません。ただ、沖縄の抱える問題は理解を超える理不尽さです。「沖縄と米軍基地」(角川新書)、「入門日米地位協定」(創元社)などが、書店に並んでいます。

久し振りに現代社会の授業を思い出しましたが、サンフランシスコ講和条約締結の1952428日から61年目の昨年428日に安倍政権は、「日本主権回復の日」の式典を行いました。日本はこの日に連合国(代表アメリカ)の占領下から解放されました。しかし、沖縄は返還されませんでした。だから沖縄にとっては、見捨てられた「屈辱の日」なのです。東京での「式典」の報道はありましたが、沖縄の怒りは殆ど報道されませんでした。

報道に関しては、東京都知事選も同じようなことがあったようです。東京在住の知人からのメールでは、都知事選の街頭演説報道も、意図的だったと言ってました。彼女が街頭演説を聞いたとき、聴衆者の多さから言えば宇都宮さんが一番だったけど、その日のNHK報道では3番目に放映されたそうです。また、女性たちが舛添さんの女性蔑視発言を告発しましたが、これも報道されませんでした。情報は出来るだけ沢山あるべきです。その中から取捨選択して投票するのですから。舛添さんの女性蔑視発言はこのサイトに出ています。
http://masuzoe.wordpress.com/2014/02/04/words/

事前に知らされていたならば、舛添さんへの女性票はもっと少なかったかもしれません。
前泊さんの講演を聞いた日は211日でした。丁度その日は、ケネディアメリカ大使が沖縄を訪問する日でした。当日の沖縄の2大新聞、沖縄タイムスが一面に、琉球新報社が2面全部に、普天間の辺野古移設を初めとした沖縄の直面している基地や日米地位協定の問題点を英語版で掲載したそうです。本土(この呼び方違和感ありますね)のマスコミの扱いは小さいものでした。福島原発以降、マスコミの報道は疑ってかかる、当然ニュースソースの政府の発言はもっと疑うということを殆どの人が学びましたが、まだまだ知らされていないことが多々あるのでしょう。

前回報告した中国電力男女賃金差別裁判の原告が8年ぶりに転勤しました。最後の一週間は今まで以上に「村八分」だったそうです。嫌がらせをした職場の上司や同僚はどういう人たちなのでしょうか。最後の最後まで、彼ら彼女らがどんなに原告に卑しい嫌がらせをしたかを書くのもおぞましく、ブログの品位が下がりますので、ここでは止めておきます。嫌がらせ、モラルハラスメントですが、この行為をした上司、同僚はそのへんにいる普通の人たちでしょう。
映画「ハンナ・アーレント」で、主人公のハンナ・アーレントは、ドイツナチスの高官のアイヒマンの裁判の傍聴をします。ハンナ・アーレントはユダヤ人で、収容者に送られた経験があります。多くのユダヤ人を収容所に送ったアイヒマンは、さぞかし巨悪な人間だろうと彼女は推測します。しかし、裁判を傍聴して、彼女はアイヒマンが余りにも凡庸な男であることに愕然とします。あれほどの悪事をするのは、凡人では出来ないと思っていたからです。彼女は「「悪は特別な人間が行うのではない。平凡な人間が悪を働くのだ。なぜ悪を働くようになるのか?それはその人が<考えること>を止めたときだ」。

沖縄の抱える問題に正面から向き合おうとしない政権、福島原発を都知事選の争点にしなかった都民、中国電力男女賃金差別裁判の原告に徹底的にハラスメントで送りだした職場の上司・同僚(バックに経営陣)、みんな考えることを止めたようです。勿論私も十分に凡庸な人間なので、常に自戒しなければなりません。年齢を重ねるほど、生き難いと考えるようになりました。
労働者派遣法が超改悪されそうです。マスコミが報道しだしたら取り上げることにしましょう。

労働問題の殆どない内容でした。今日はここまで。

2013年も今日だけになりました。今日の前は昨日、今日の次は明日。今日の連続と思えば、特に思い入れることもないのですが、なんとも不気味な2013年でした。ニュースのトップに得意満面の顔で登場する「特定秘密保護法を採決の前にもっと丁寧に説明するべきだった」などと、一般人としてはとても恥ずかしくて言えないことをにこやかに仰る方は、向かうところ敵なしです。

退職前に勤めていた学校では弓道の顧問でした。確か、近畿大会の会場が当県になるとき、県下の顧問が準備の相談をしました。「的から矢を外すとき、担当の高校生に白い手袋をはめさせては」という意見が出ました。弓道そのものは生涯できるスポーツであり、男女が同じ的、近的なら26m、遠的60mの的を狙う、数少ない男女平等のスポーツです。特に近的は、男女混合で競技することができます。実際の大会では男女別だったので、これだけは解けない謎のままでしたが、個人の筋力の違いは、使う弓の弦の張り方の違いでカバーします。強い張りの弦なら、放たれた矢は勢いよく飛びます。弱ければ、もたもたと飛びますが、的に到達すれば結果的には同じことです。プロが読んだら、叱られるかもしれませんね。雨が降って、飛んでいる矢に雨粒が当たれば、勢いよく飛び出した矢は雨粒をはね返し、のろのろと飛んでいる矢は、雨の影響を受けます。まあ、矢の飛びに影響のあるような雨のときは、試合は中止になリます。しかし、弓道は武道なので、非常にお作法を重んじます。当然、道場に入るときは礼をしなければなりません。礼に始まり礼に終わる競技です。大きな声を出すことも禁じられていますし、ひたすら自分と向き合う競技です。道場には日の丸があります。そういう雰囲気の競技に白手袋?私は反対しました。矢は土が付いていますから、白い手袋が汚れるのに、なぜ素手でなく白手袋をはめさせるのか?何か大きな力が押さえつけて行くような気がしたからです。今年のインターハイでは、白手袋で矢を抜いているのをニュースで見ました。今、満面の笑みを浮かべている首相のことと重なります。「使い方の濫用はしません」と言う安倍さんはいつまでも首相ではありません。法律は独り歩きして、白手袋の次に何を要求するのかと重なります。想定外の独り歩きが戦争へと繋がりました。


さて、前回、特定秘密保護法を次回選挙で廃案にするために、何をするべきかを書きました。その続きです。

自民と公明の暴挙を忘れないために、法案が採択されたことを報じる新聞を身近に貼っておくべしと書きました。他紙は知らないのですが、朝日の朝刊は、毎日誰かのコメントを載せています。3年後の選挙まで続けてほしいですね。次に、何が秘密なのかも分からなくなりますから、法の施行後と前とで情報がどのように変化したかを知っておく必要があります。国レベルの情報公開を素人が出来るのかどうかはまだ調べていませんので、これは市民オンブズマンの活動をしている友人に聞いて、またここに載せます。

毎月2回は更新することを目標にし、90%くらいは守れましたが、内容が労働問題ではなく、原発と特定秘密保護法に向かいました。で、特定秘密保護法がみんなの耳目を集めている間に、とんでもない労働者派遣法が検討されています。来年は、中国電力男女賃金別裁判の高裁判決の持つ意味と、最高裁に向けた活動報告から始めます。少しは基本的人権に配慮した政治になるよう、これからも書き続けるつもりです。来年も読んでください。では今日はここまで。


 


さて、FAXの請求書をどこに出しましょうか?特定秘密保護法(以下、保護法)の強行採決があるとのメールが配信され、微力中の最大効果はFAX攻勢だとあり、国会議員へ連日送信しまくりました(上品ではない表現ですが、「まくる」以外に思いつかない)。参議院での採決に、与党の公明党は、「全部の野党が結束して反対するなら、賛成に回らない」とも聞いていたから、「野党、足並みを揃えて」とFAXしたのです。家にあったFAXはかなり古く、送信にも時間がかかったし、一部黒くなって読みにくかったので、新調しました。通信手段は殆どメールなので、今回のことがなければ新調する必要はなかったのです。やはり、請求書の宛先は、自民党と公明党ですね。


3年後の衆参両議院の選挙までには、今回の乱暴な議会運営をしたことを、大多数の人は忘れているだろう。なぜなら、選挙民は馬鹿だから」と与党の誰かさんが言ったとか。国会議員はみんな?そう思っているでしょう。「忘れる」という意味では私も思ってる。

これからも人々は「豊かな生活」を夢見て馬車馬の如く働くことでしょう。年次休暇を消化するのにも罪悪感を持つ国民性です。学校でも、会社でも、社会でも、「努力が足りないから落ちこぼれるのだ」ときっちり刷り込まれていますから、目の前のことに一杯で、それ以外のことを考えている時間がないのです。だから「政治は政治家にお任せ」になってしまう。「百姓は生かさず、殺さず」は徳川幕府から連綿と続く、為政者の方針なのです。

FAX攻勢やデモに参加できたのは、私は退職したからなのです。高齢者は、時間のない人から委託されていると思うべきですね。

知り合いのドイツ人は、夏の休暇にアジアの海で4週間遊んでいました。「そろそろ休暇も終わってドイツへ帰ったの?」との問いに、「よく考えてみたら、休日出勤した分が一週間消化できていなかったら、まだバカンス先にいます」との回答でした。前のブログで、ドイツの小学校の病欠した先生の代替について書きましたが、日本で暮らす人の常識は、先進国の非常識のようです。


法案を急いで採択した理由の一因は、福島原発事故で権力に疑問を持つようになった市民を警戒してのことでしょう。

法律が成立したからには、嘆いていても仕方ない。次の手を考えないと。

で、ない知恵を絞ったのを一つ紹介します。かなり真面目に考えています。

以下以外にも考えましたが、それは次回に。

取り敢えずの方法:自民党と公明党(衆議院のみんなの党)の議員の顔写真、入手できない場合は名前だけでも、を目に付くところに貼っておく。トイレは無念無想になるところなので、最適かもしれないが、かえって便秘になるかも…。(衆議院で賛成したみんなの党と、参議院の自民党の中に、反対票を投じた議員が出ました。)

法案の条文と解説を(これも新聞とかメールで出ている)、臨時的に目に付くとことに貼っておく。賛成した議員の顔と一緒に貼るのが望ましいが、スペースがかなり必要なので、天井も利用する。

政府には、秘密法の解説パンフを各戸配布するよう要求する。各戸配布が難しい場合は、最寄りの警察に置くように。(この方法はやばいかも。パンフを貰いに行ったら、名前と住所を書かされ、直ぐにブラックリストに載る可能性大)
労働基準監督署とか、ハローワークには、「労働者派遣法」とか、「パートタイマーで働くみなさんへ」とかの解説を書いたのが沢山ありますよ。これと同じようにね。

政府から解説パンフが出たら、研究者や弁護士に裏解説を書いて貰う。これを各戸配布する方法は、う〜ん、募金かな?

最後に朝日新聞夕刊素粒子から引用です。

≪叫び続け、次の選挙まで。沈黙は敗北。秘密法ができた日を記憶に深く刻まん。戦後を戦前に変えようとする日≫

≪我らが指導者は愚かだ、と叫ぶと特定秘密を明かした罪に。旧ソ連の小話がそのまま使えてしまう。いま絶叫す≫

今日はここまで。

 

多くの人が、「特定秘密保護法(以下、秘密法)」の衆議院強行採決のことについて書いていることでしょう。素人の私は極々庶民的感覚で、この暴挙に対して何を考えていたかを記録しておきます。

しかし、最近はよく眠れませんでした。「さて、寝よう」と布団を被ると、あれこれ考えてしまいます。なんで、人々が望んでいない法案ばかりが通るのか、この秘密法にしても、原発にしても、労働者派遣法にしても、均等法改正にしても…です。

少子化担当大臣の森さんが、なぜ秘密法の担当大臣になったのか?森さんに良心の呵責はないでしょうが、目が泳いでました。答弁も抽象的な内容ばかりでした。能力あるにも拘わらず、マッチョな国会議員の世界に生きる女性の屈折した思いがあるのでしょうか?安倍首相を初めとする権力オヤジ(上野千鶴子さんの『女たちのサバイバル作戦』に出てくる男性どもは、オヤジとしか表現が見つからないので、借用しました。)どもに操られていることのジレンマがあの目をさせたのだと、せめてもの情状酌量で思うのです。法案可決に失敗したら「やっぱり女の大臣には荷が重すぎたのだ」と切り捨てられる要員だったのでは?と思ったりしました。

秘密法の特別委員会の後、安倍首相が、保守系議員の会合に出ていた映像がありましたが、安倍首相に盛んに拍手を送っている桜井よしこさんの満面の笑顔も、私には悲しく写りました。
女性ばかりに気持ちを投影すると、男性が「同性の足を引っ張る、だから女性はダメなんだ」と言われそうですね。本会議での法案通過を喜ぶ谷垣法務大臣の顔も絶対に忘れないでおこうと思います。なんであんな嬉しそうな顔ができるの?それにしても、横に並ぶ安倍首相、麻生財務大臣たちも「親の七光り大臣」なのです。安倍首相、麻生大臣の家系図なんか、もう光に溢れています。こんなこと書くと、法案成立後はしょっ引かれるかも。理由は分かりません、それは秘密だから!

世間が秘密法に気を取られている間にも、派遣法や均等法は着々と改悪が進んでいます。均等法は、コース別の文言の入ったままです。でも、今や非正規の問題に注目が集まっていて、「正規!正規なら男女賃金に差別があっても文句言わないの」との状況です。中国電力男女賃金差別裁判の広島高裁判決もその範疇なのでしょう。

さて、前回書きましたこの判決の不当性を論理的に説き明かし、最高裁に、判決を高裁に差し戻すよう要請する署名の主旨の全文が出ました。アクセスして、協力してください。

http://wwn-net.org/?cat=30

法案可決に喜ぶ見苦しい満面の笑みの議員に何か鉄鎚はないか?「こんな法律作らなければよかった」と後悔するようなことは?呪詛、折伏しか思いつかない、余りにも高く堅固な壁。

そうそう、こういう話があります。中国の戦国時代(諸説ありますが、紀元前480年〜紀元前221)、群雄割拠の時代に、後の統一国家となる秦に、商鞅(しょうおう)という人がいました。秦の孝公(紀元前361〜紀元前338)に仕えた商鞅は、取りたてられて政治経済の改革を断行します。その中に「連座制・密告性」、政策を厳格におこなうために「刑法」がありました。商鞅の政策で秦は力を持つようになります。孝公が亡くなると、商鞅に押さえつけられていた人たちが「商鞅は反乱を図っている」と孝公の後を継いだ恵文王に告げます。恵文王の追手を逃れた商鞅は、関所の宿に泊まろうとします。宿の主人は「商鞅様の法で、旅券のない旅人を泊めると、私も同じ罪に問われます」と断りました。商鞅は「法律による弊害がこれほどのものとは、我ながら知らなかった」と言い、ついに追手に捕らえられ、「車裂き」の刑で殺されてしまいます。

私が社会科の教師だったことをこれで思い出してくれましたか?満面の笑みを浮かべてこの法案の可決を喜んでいた方々に、この因果応報の話を聞かせねばならない。どこかで実感して、反省してもらわねばならない。でも、輝かしい七光りの家系に繋がる方々は、「何が秘密か秘密」「秘密の期間は60年」だから、そのような事態に陥らないような法律を、秘密裏に作成することでしょう。もう打つ手がないのかと、寒々としてきます。
では、今日はここまで

このページのトップヘ